<< 京都の誇りを守るため | main | 京都で何度も振り返る >>

京都の朝は霧のように

私は空を見上げた。
京都に従う速度で黒い目
ある日私の目は
モスと朝の霧のように

曇っている
京都はすべて曇っているようです
ステップバイステップの具体的な
足踏みする

誰かの手が絡まっている

【Instagramで京都探訪記】堺町通
私は私の足をつかんだ

「ねえ、もしここに来たいなら、私はそれらすべてを与えるだろう」

"いいえ、私は出生の日は必要ありません。"
出生の日

私は私の誕生日の誕生日に空を見た
白い葉が赤い風に消えた
京都は星の手のひらで笑った

今日の誕生日に
今日の誕生日に
今日の誕生日に

都市の欲望がなくなるまで
夜が終わった
帝都を誇りに思う
ネオンで飾っています

血に落ちて落ちた男の周り
グループの人々
それをすぐに残しておきたい人

「こんにちは?この手で掴んだの」

私は心の中にいる
私は右です。
本当の私

| - | 22:23 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--